2011年11月12日土曜日

2011.11.11 チンボラソ山

家の近所(とはいうものの、50kmくらいのところ)に、チンボラソ山(標高6310m。父ウィルソン曰く)があります。そこに先週末遊びに行きました。



  なんでも、地球の中心から頂上までの距離は、エベレストよりもあるのだとか。
※なぜなら、地球は少しだけ楕円球型だから。この説明じゃ分からないと思うので、ご自身で調べてください。


  とはいうものの、頂上目指そうと思ったら、酸素ボンベ積んで、テント持って、キャンプ張って、みたいな本格登山になるので、「第2避難所」っていう所まで(それでも標高5000m)。

 そこから、自転車で標高3000mまで(道程23km)下っていくっていう、ツアーです。

遠目から見るとこんな感じ

 リオバンバの(標高2750m)そういうお店で、準備をし…


車に乗って、チンボラソへ!

行く途中の車窓から。降りてこうして写真を撮って…


 
こういうワゴン車に、自転車積んでいくわけです。


もうちょっと、登ったところ。草花が少なくなってきます。

 これら、ビクーニャといいまして、ラクダの仲間なんですと。昔は高級毛皮に使われていたそうですが、数が減って、特別保護動物になっているのだとか。車で誤ってひいてしまっても、いけないのだとか。



これが、4000m付近。雪が残ってます。


 
これが、第一避難所。ここの手前(標高4600mくらい)から山登り。ここで少し休憩して、、ゴールの第2避難所まで登り切ります。。。。。が・・・・
 左が少しのぼったところから、第一避難所を撮った写真
右は、下から、第二避難所を撮った写真

第二避難所、見えてるんですけどね。


この標高差200m(道程1000m)が、本当にきつかった。


 本当に、数歩歩いただけで、息が切れると言うか、全身が動かないというか。頭も多少痛いし、空気が薄いっていうのは、こういうことなんだな~~って、実感しました。十数m歩いては、少し休むっていうことを繰り返し、1時間ほどかけて登り・・・



着きました。第2避難所。まぁ、休日だったので、人でごった返していました。



これが、避難所のベッド。やっぱり、本格登山者用にあるのだそうで。こんなのも、見たのは初めて。日本の富士山すら登ったことのない私。こういうのもを見て、感動するのでした。

で、また第一避難所にもどって、こういったランチを食べ…



自転車特殊装備に着替え、山下り!!!

 
4000m台は、何にも草木が生えてないんですが・・・

やはり、下るごとに、草木が増え、動物もおり、

ゴール手前はこんな感じ。かなり青々としてきます。



最後はみんなで記念写真

あの、最後の標高5000mに至るまでの標高差200mが異常にキツかった…。でも、あとは自転車で下るだけの23キロなので、気持ちよく楽しめました。

ちなみに、一緒に行ったアメリカ人観光客は、みんな60歳オーバー。元気だわ…


 最後は、標高5000mでのサービス動画。

『ロッキー4』をイメージしてみてもらうと、迫力あると思います。


video

寒かった(色々な意味で)…

「エイドリアン」の方が良かったか?? 

ではまた。

0 件のコメント:

コメントを投稿